歯周除菌治療

薬と歯磨きで治す、歯周除菌治療

口臭や、口のネバネバ、歯茎の腫れや出血、歯のグラつきが気になったことはありませんか?
これらは全て歯周病の症状です。歯周病は、世界で80%以上の方が感染しているギネスブックにも載っている、世界で最も感染者数の多い“細菌感染症”なのです。
症状の大小はあるものの、個人差があるだけでほぼ皆さん感染しています。
歯周病と全身疾患の関わりについてはこちらをご覧ください↓↓歯周病と全身疾患

毎日ちゃんと歯磨きしているけれど…

毎日歯を磨いている。定期的に歯石取りなどのお掃除も受けているのだけれど…それでも、歯周病原菌は変わらずそこにいます。
胃潰瘍や胃がんのリスクが高くなるピロリ菌、これを除菌するとリスクが下がることを言われています。
実は歯周病も同じような環境で、除菌をすると症状悪化のリスクを下げることができます。
そもそも、なぜなかなか良くならないのか。その原因はいくつか考えられます。

カビ菌(カンジダ)が原因

直接の原因にはならないのですが、家の役割を果たし歯周病菌のすみかになっていて、
カビがあると薬用成分が歯周病菌に届きにくい状態になってしまいます。
⇒特殊なカビ除菌用のお薬が必要

歯周病菌が原因

一般的な歯周病治療は、歯石取りと歯面清掃です。
病気悪化の足がかりになる歯石除去、汚れが付きにくくなる歯面清掃、両方とも大事な
治療ですが、直接菌に対して行っているものではありません。
歯周病は感染症の手前、ある程度除去出来ても、除菌をしない限りは菌がすぐに増殖
してしまうので、再発しやすいです。
⇒お薬で除菌を行う必要がある

歯周除菌治療について

通常の歯周基本治療と共に、歯周除菌治療を行うと菌が定着しにくくなり効果的です。
昨今、歯周病から全身疾患への関連性が出てきており、歯周病ケアを行うことによって全身疾患リスクを下げられることも言われています。
今後の健康のために、身体にとって良いことをしてみませんか?

成田駅前デンタルオフィスでの歯周除菌治療および、歯周基本治療の流れ

1. 除菌治療 1回目

① 位相差顕微鏡を用いて細菌検査を行い、一緒に菌量や菌の種類を一緒に確認します。こちらは事前に行うこともあります。

② 専用の器具でプラークの除去と歯周ポケットの洗浄を行います。

③ 使用するお薬と歯磨き剤の説明をします。次回は1週間を目安に行います。

2. 除菌治療 2回目

① 細菌検査を再度行い、細菌の状態を確認します。必要に応じて、追加でお薬を使うかの検討も行います。

② 専用の器具で、舌のお掃除を行います。

③ 歯茎マッサージを実施して、お口の中のストレス解放と新陳代謝を促します。

3. 歯周基本治療

除菌治療終了後は、歯周病の原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などを行います。

ここで、健康の目安である歯周ポケットが3mm以下に維持できるようになっていれば、そのままメインテナンスに移行します。

基本治療を行っても、4mm以上のポケットが残っている場合は外科処置に移行します。

4. 歯周外科

歯周ポケットが深く改善されない場合などに行います。

歯の根っこを直接見て処置出来るので、治療効果が上がる反面、歯茎に対しての作用が強いので、歯茎が下がりやすいこともあり、その点は注意が必要です。

処置後、再評価を行い歯周ポケットが3mm以下に改善されれば、メインテナンスに移行します。

問題がなければ、3ヶ月に一度のメインテナンスに移行します。
また、歯茎の状態の検査にてリスクが高い傾向にある方は、深い所の歯石取りや、
歯科医師による歯ぐきや歯面の治療を行います。
メンテナンス時に、細菌検査を行い再度リスクの評価を行います。

診療時間
お電話でのご予約・お問い合わせはこちら
TEL:0476-33-6487
(※)月曜日の診療時間は15:00~20:00までとなっております。
(※)土曜日の診療時間は14:00~18:00までとなっております。
  • facebook
  • twitter