特殊義歯

特殊義歯とは…

入れ歯のイメージとは、、、

  • なかなか合わず痛い
  • 金具が見えてしまう
  • 違和感がありすぎて、つけていられない
  • すぐ外れる
  • しゃべりにくい

このような不具合や不満を感じている方は、ご相談ください。
以下にご紹介する入れ歯は、上記の問題を解決し、患者さんそれぞれのお口の環境に合わせた入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

曲げても大丈夫!柔らかくて痛くない!金属のバネがない!

この義歯の特徴は、入れ歯の大きい悩みの一つ、「金属のバネが見えない」ことと、しなりが強く強度が高いので壊れにくいです。
また材質の特性上柔らかいので、痛みを覚えることも少なくなります。
しかし、柔らかいので汚れやすく定期的なクリーニングが必要である点と何らかの理由で、歯がなくなって足したいとか、バネが弱くなったということがあるとお預かりをして修理を行わなければならないので、その点はご留意ください。

アタッチメントデンチャー

残っている歯を利用した半固定式の入れ歯

アタッチメントデンチャーには、

  • Oリング
  • コーヌステレスコープ
  • ケラター

があり、それぞれに特徴があります。

メリット

Oリング 比較的簡単に固定を得られることが可能
コーヌス 複数土台があれば、強固な固定が可能
ケラター 高さを低く抑えることが出来、固定力も強い

留意点

Oリング 設計上高さが必要なので、上下間の距離が少ないと使えない。
コーヌス 固定のために複数本削らなくてはならない
ケラター 歯の厚みと共に向きと角度が規定内でないと使えない

インプラントオーバーデンチャー(ロケーターアタッチメント)

外れない!動かない!次世代の義歯

アタッチメントにロケーターを使うのは、天然歯を使う場合と同じですが、天然歯と違いインプラントを利用していきますので土台が揺れることなく使えます。
こちらの義歯は、インプラントと併用することにより、より強固に、より安定性を得られる義歯です。
ボタンのオスとメスのように、土台とインプラントをパチンとくっつけて使う義歯ですので、違和感も少なく、極力義歯を小さく出来る利点もあります。
しかし、注意点としてインプラントを入れられるだけの骨が無いと使えませんので、その点はお気をつけください。歯が少なくなって、安定性が悪くなってしまった状態でも、これらの義歯を使えば非常に安定した状態に出来ますので、入れ歯を使っていてお悩みの方は、いつでもご相談ください。

診療時間
お電話でのご予約・お問い合わせはこちら
TEL:0476-33-6487
(※)月曜日の診療時間は15:00~20:00までとなっております。
(※)土曜日の診療時間は14:00~18:00までとなっております。
  • facebook
  • twitter