インプラント

インプラント治療とは

歯を失った場合の治療法の1つで、その方法は入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの方法があり、それぞれ以下の様な特徴があります。

インプラント治療の特徴

インプラント治療とは、歯が無くなってしまった場所へ、チタンの人工歯根を埋めて、歯の根っことして機能させ、そこへ被せ物をつける治療法です。
最近では、成功率も高く咬み合わせを回復させる手段の
一つとして、一般的な治療法になっています。多くの方が、入れ歯やブリッジを回避してインプラント治療を希望されるのには理由があります。
咬み合わせを回復させる方法は、入れ歯・ブリッジ、そして、インプラントですが、その中で「残った歯に負担をかけない唯一の方法がインプラントだけ」だからです。

ブリッジ・入れ歯の特徴

ブリッジは、無くなった部分を回復するために両隣を歯を大きく削ります。

1本なくなっただけでも、3本分の歯の力を2本で支えていかないといけないので、1本あたり1.5倍の負荷が常にかかります。歯がなくなれば、それだけさらに負担は増えます。

  • 歯が一本無くなりました。

  • 両隣の歯を大きく削ります。

  • 連結した歯を入れていきます。

入れ歯は、無くなった両隣や離れた所へバネをかけ、歯を揺さぶります。削った歯や、バネがかかった歯には、大きな負担がかかります。
歯があれば、負担も無かったところが、今度は残った歯が無くなった分まで頑張らないといけなくなってしまいます。歯は耐えられる負荷が決まっており、過負荷が続くと折れたり、グラグラしてきて抜けたりします。高い確率で、ブリッジのために削られた歯や、入れ歯のバネがかけられた歯は、崩壊の一途をたどり、その部分の歯がダメになり、抜くことになり…
すると、また歯がない部分が多くなって、どんどん広がっていき、残った歯へさらに負担が増して…と、やがては総入れ歯になってしまいます。

その他のインプラントの利点

見た目や使用感が天然の歯に非常に近いのもインプラントの特徴です。入れ歯もブリッジも、食べかすが詰まりやすかったり、入れ歯は取り外しが煩わしいなど、問題点はたくさんあります。
それに対し、インプラントはまるで自分の歯のような自然感を得られます。色や形の自由度も高く、何でも作れるので、より明るくした歯を入れることも可能です。
歯がない状態や欠けたまま放っておくと、歯が傾いたり反対の歯が出てきたり、咬み合わせのズレが大きくなると、無理な設計の被せ物や入れ歯になってしまうため、早めに治療をおすすめします。
一本でも歯がなくなると、そこからドミノ倒しのようにお口の中が崩れていきます。残った歯に負担をかけずに、無くなった部分を補える治療がインプラントしかないので、残った自分の歯を守るためにはインプラント治療が最適です。しかし、インプラントは天然の歯と違い、その部分に免疫力が働きにくいため、感染に弱いです。入れて終わりではなく、せっかく入れたインプラントを機能させるために定期検診とその維持管理が必要です。

それぞれのメリット、デメリット

  • インプラント
  • ブリッジ
  • 部分入れ歯

良い点

インプラント
  • 自分歯と同じように咬める
  • 残っている歯を傷つけない
  • 骨が薄くなるのを防ぐ
  • 高い審美性
ブリッジ
  • 固定式で違和感が少ない
  • 比較的、短時間で作れる
  • 素材によっては審美性が高い
部分入れ歯
  • ブリッジでの対応が難しい欠損にも対応可能
  • 作製や修理も簡便
  • 外せるので義歯を清潔に扱える

留意点

インプラント
  • 診査によって、出来ない事もある
  • 歯を抜くのと同じような手術が必要
  • 最終的な歯が入るのに時間がかかる
ブリッジ
  • ブリッジを支えるために、両隣の健康な歯を削らないといけない。
  • 土台の歯に多大な負担がかかり、将来的にその歯も失う原因になる。
  • ブリッジの橋の部分と歯茎との間に、食べかすが詰まりやすく、不衛生になりやすい。
  • 息漏れして話にくくなることがある
部分入れ歯
  • 他の2つと比べ咬む力が減少し、食事が食べにくい場合がある。
  • 毎食後の手入れが大変。
  • 食べ物がはさまって、不衛生になりやすい
  • ガタツキやバネが気になり、違和感が続く
  • しゃべりにくくなる

インプラント治療の流れ

1. 口腔内写真撮影・全身状態チェック・模型の型取り・レントゲン撮影(CT含む)

現在のお口の状態を様々な方法でチェックします。

2. CT診断

撮影していただいた顎骨の3次元的なレントゲン写真の診断を行います。
骨の状態や厚みなどを詳しく診断し、インプラントを埋め込む位置や角度を計画します。この時に、インプラントが出来るかどうかの最終判断を行います。

3. 歯周病の治療(お口をお掃除し、必要であれば除菌します。)

歯周病の治療(お口をお掃除し、必要であれば除菌します。)
…手術前に歯周病の治療をしっかりと行い、手術時の感染のリスクを下げます。これがとても大切です!

4. インプラントの埋め込み手術(1次オペ)

日時を決めて、人工歯根(チタン製のネジ)を埋め込みます。
本数にもよりますが、大体、1~2時間ぐらいの手術で、歯を抜くぐらいの体の負担です。

5. 定期チェック

骨とインプラントがくっつくまで、約3~4か月待ちます。
その間は感染が起きていないかなど、定期的に検査します。
手術の翌日の消毒、一週間後の抜糸、その後は状態を見て2週間から1ヶ月毎にチェックします。

6. キャップ交換(2次オペ)

かぶせ物を作るために、精密な型を取ります。この時に、歯の色や形などを患者さんと話し合いながら決めます。

7. 型取り

現在のお口の状態を様々な方法でチェックします。

8. かぶせ物の完成

インプラントに土台と被せ物をくっつけて、完成です。

診療時間
お電話でのご予約・お問い合わせはこちら
TEL:0476-33-6487
(※)月曜日の診療時間は15:00~20:00までとなっております。
(※)土曜日の診療時間は14:00~18:00までとなっております。
  • facebook
  • twitter